日本健康マスター検定とは

“健康リテラシー” を身につけよう。
医療技術は日々進歩していますが、健康に問題や不安を抱える人は少なくありません。介護などを必要とせず、自立して日常生活を送れる期間のことを健康寿命といいますが、日本の平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約12年の差があります(平成25 年厚生労働省調べ)。
今後ますます進む超高齢社会のなかで、若々しく、いきいきと暮らしていくための必要な知識とスキル= 健康リテラシーが多くの人にとって重要となってきています。これを学び、日々の生活を充実したものにしていくことを目的とし、「日本健康マスター検定」が生まれました。

本検定の特徴
合格するとどうなる?
学習内容および出題範囲
過去問題(サンプルとして)
たとえば、こんな方々が活用!
用途、レベルに応じた2段階のコース
推薦のことば
問題・テキスト総合監修委員会メンバー一覧
問題・テキスト制作協力
 

本検定の特徴

特定の疾病や健康テーマだけでなく、全般的な健康を体系的にカバーする、「健康リテラシー」をはかる検定です。

日本医師会が協力、健康・医療分野のオーソリティが監修する公式テキストは、信頼性の高い“正しい健康知識” の拠りどころとなっています。

テキストや検定問題の執筆・作成を担当するのは、NHK 「きょうの健康」など健康番組に精通した専門家集団。だから、日々の生活や仕事に役立つ健康知識 ・ノウハウを楽しく学べます。

単なる健康知識にとどまらず、必要な健康情報を得たり、情報の真偽を見極めたりするスキルも身につきます。

合格者は地域や職場における健康のアドバイザー、リーダーとして活躍の場が広がり、健康関連業務に携わるビジネスパーソンにとってのレベル向上にもつながります。

 

合格するとどうなる?

健康生活に必要な一定レベルの健康リテラシーが習得できます。
健康知識、健康増進ノウハウや、多くの健康情報の正否をみきわめ、正確な健康関連情報にアクセスできるスキルが身につきます。

「健康マスター」として認証され、活躍の場が拡がります。
合格者は「健康マスター(ベーシック/エキスパート)」として協会から認められ、名刺や履歴書等に記載できます(4 年間有効)。職場や地域のニーズにあった、幅広い活躍が期待できます。

健康関連ビジネスの強力なコミュニケーション・ツールとして活かせます。
健康リテラシーの向上により、サービスのレベル向上につながります。また、食や美容などのウェルネス周辺業種でも、顧客に対し、最新の正しい健康知識で対応できるようになります。

その他さまざまな企業、自治体、教育機関との連携で、合格者の活躍機会をさらに拡げていきます。

学習内容および出題範囲

検定で出題される内容は、『日本健康マスター検定公式テキスト』をベースに、健康づくりに関するさまざまな国の指針に基づき、以下のテーマで構成されます。

  • 健康リテラシーの重要性
  • 食生活と健康
  • 嗜好の見直し
  • 運動と健康
  • 睡眠と健康
  • こころの健康
  • 健診・検診の役割
  • 高齢の家族の健康
  • ロコモ
  • 女性の健康
  • 口の健康
  • 感染症の予防
  • 健康を支える仕組み
  • 健康の啓発(エキスパートのみ)

過去問題(サンプルとして)

第1回過去問題(サンプルとして)

たとえば、こんな方々が活用!

  • 社員の健康をきちんと管理したい 人事・健保担当者

  • 履歴書に書ける武器を持ちたい 学生

  • 顧客の相談にも的確に答えたい ウェルネスサービス従事者

  • 自分の健康維持に不安を感じている シニア層

  • より幅広い知識を仕事に活かしたい 健康関連有資格者

     

用途、レベルに応じた2段階のコース

ベーシック・コース

目的 自らの健康づくり、健康寿命を伸ばすために必要な、生活習慣改善のための正しい健康知識・ノウハウを習得し、基本的な健康リテラシーを身につける。
対象者 「セルフケア」(自分自身の健康づくり)への関心、ニーズを持つ一般生活者、ビジネスパーソンなど。
参考書 「日本健康マスター検定公式テキスト」共通
試験時間 60分
合格基準 正答率75%以上(第一回試験では70%)
出題解答形式 4肢択一マークシート方式
受験料(税込) 5,000円

エキスパート・コース

目的 自らの健康だけでなく、社内の部下、管理対象者や顧客、地域の生活者などに対しても、健康づくりや生活習慣改善のアドバイスを行うための正しい体系的な健康知識・ノウハウを習得し、一定レベルの健康リテラシーを身につける。
対象者 「ベーシック・コース」の上級版として、「コミュニティケア」(他者、集団の健康づくり)にも関与する職域のリーダー、健康知識・ノウハウの仕事活用ニーズを持つビジネスパーソンや職域の管理職級リーダー、地域の健康推進を担うリーダーなど。
参考書 「日本健康マスター検定公式テキスト」共通
試験時間 80分
合格基準 正答率75%以上(第一回試験では70%)
出題解答形式 4肢択一マークシート方式
受験料(税込) 8,000円

過去の受験者数

 

開催回 ベーシック・コース エキスパート・コース
第1回(2017年2月) 1554 2551
第2回(2017年6月) 743 3268
第3回(2017年10月) 1341 4187

 

 

推薦のことば

日本医師会 会長 横倉義武

健康寿命の延伸が国の重要なテーマとして掲げられ、さまざまな取り組みが展開されています。
健康寿命の延伸のためには、国民一人ひとりがご自身の健康課題を認識し、運動や生活習慣の改善などの行動変容につなげることが大切です。
しかし、誤った知識や情報に基づく行動は、かえって健康を阻害する要因にもなりかねず、正しい知識、情報を学び、健康増進や病気の予防につなげることが必要です。
日本健康マスター検定事業は、国民の皆様がご自身や身近な方々の健康を支えるためにスタートした新しい試みです。
この検定事業が、国民の方々の健康リテラシーの向上、そして健康寿命の延伸に寄与することを心から期待しています。

神奈川県知事 黒岩祐治

皆さんは自分が何歳まで生きるか考えたことがありますか?2050年には全国で100歳以上の人が70万人を超え、100歳まで生きることが特別なことではない時代がやってきます。「人生100歳時代」を、できる限り長く社会の一員として生きがいを持って暮らす。そのためには、一人ひとりが自分の健康を主体的に考え、病気にならない生活を送ること、つまり「未病」を改善することが重要です。
日本健康マスター検定事業は、「人生100歳時代」に向けて、「未病」を改善し、正しい知識に基づくライフスタイルを実践するうえで価値のある取組みです。多くの方にご参加いただき、健康への行動変革が進んでいくことを期待しています。

東京海上日動火災保険株式会社 取締役社長 北沢利文

人は誰もが健康でありたい、元気で長生きしたいと思っているはずです。一方で、昨今はインターネット等の発達により、健康に関する情報は世の中に溢れています。「何が正しい情報なのか?」戸惑っている方も少なくありません。
健康で長生きするための第一歩は、健康に関する正確な知識を習得することだと思います。
本検定試験を通じ、一人でも多くの方々が、健康に関する正しい知識・スキルを身につけるとともに、国民全体の『健康リテラシー』が高まり、日本がより元気な社会になれることを願っています。

住友生命保険相互会社 取締役 代表執行役社長 橋本雅博

近年、国民の健康に対する意識はますます高まっています。健康寿命の延伸には、健康に対する正しい知識の習得と健康増進に向けた行動が何よりも大切です。
本検定を通じて健康に対する正しい知識が多くの方々に広がり、国民全体の健康に対する意識が向上するとともに、健康への行動が促進され、より多くの人が健やかな生活を送る社会が実現されることを心から願っています。

問題・テキスト総合監修委員会メンバー一覧

委員長 羽鳥 裕 日本医師会 常任理事
委員
(五十音順)
岡部 信彦 川崎市健康安全研究所 所長
津金 昌一郎 国立がん研究センター 社会と健康研究センター長
中井 章人 日本医科大学 教授(産婦人科)
中村 耕三 東京大学 名誉教授(整形外科)
野村 総一郎 防衛医科大学校 名誉教授(精神科)
福田 洋 順天堂大学 准教授(総合診療科)
松田 早苗 女子栄養大学短期大学部 教授(食物栄養学科)
宮地 元彦 医薬基盤・健康・栄養研究所 健康増進研究部 部長 
村中 峯子 日本看護協会 健康政策部長 
桃井 保子 鶴見大学歯学部 教授(保存科)
監修協力
(五十音順)
池内 健 新潟大学 脳研究所 教授(生命科学リソース研究センター)
大室 正志 産業医
勝木 美佐子 日本大学 兼任講師(公衆衛生)
樋口 輝彦 国立精神・神経医療研究センター 名誉理事長

問題・テキスト制作協力

株式会社NHKエデュケーショナル
株式会社NHKエンタープライズ

試験概要・申し込みはこちら

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル