みんなで合格を目指して取り組み連帯感も生まれました

市民の健康づくりに、保健センターなどの健康相談や公民館での講演活動をしています。検定試験を受けて、保健師ですが最新の情報や健康知識の再確認ができました。私を含む健康づくり課の保健師や職員12人(写真)で受験をするため、時間外に職場に残ってみんなで学習して、「ここが出そうだよ」とか、「これは覚えておこう」とか、テキストを何度も読み直しました。みんなで合格を目指して取り組み連帯感も生まれましたので、全員に合格通知がきたときは本当に嬉しく、この気持ちを今後の活動にも生かして参りたいと思います。

三島市健幸大学での受験対策セミナー講師として、静岡県健康増進課保健師のご指導をいただき、静岡県の課題や対策のお話もあり、自治体の取組みとして何ができるかを考える良い機会になりました。三島市民の健康づくりにより良い展開ができるように、これからも職員一同で励んで参ります。

(写真:千葉さん(前列中央)と三島市健康づくり課のみなさん)

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル