“若々しさは健康から” 美容師だから伝えたい

子育てが一段落して40歳で美容師の国家資格を取り、50歳で美容室を開店したんです。あと少しで古希(70歳)を迎えますが、お客様も私と一緒に歳を重ねていくので、どうしても健康の話題が多くなります。「いつまでも若く美しく」あるためには、“健康”と“笑顔”が一番でしょう。お店の名前も“ヘア&エステ「Smile」”なんです。
「髪は健康のバロメーター」と言われるように、美容師は一人のお客様の髪を長年みていますから、身体の変化に気づくことがあります。そんな時に「健診を受けていますか?」と声掛けがしたくて、健康マスターにチャレンジしました。
立ち仕事なので運動不足にならないように、孫娘と一緒に毎週トランポリンの教室に通って筋肉を鍛えています。幾つになっても立ち姿勢は美しく保ちたいですもの。若いお客様にも「健康寿命をのばしましょうね」と、毎日満面の笑みで励んでいます。

(写真:トランポリン教室に通い体幹を鍛えている真野さん)

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル