これまで「健康マスター」ロゴマークは、その使用を制限してまいりましたが、 今後はその規制を緩和して、ある程度「健康マスター」合格者が自由に使えることにいたしました。 詳しくは、「健康マスターのみなさんへ」をご覧ください。

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル