団体受験を様々な企業が実施

団体受験のご案内

日本健康マスター検定では、これまで多くの企業・団体で「団体受験制度」を実施しております。
「自社の健康経営の取り組みとして」「仕事に活かせる健康知識の獲得として」など、その目的は様々ですが、多くの団体が第2回、第3回とリピート受験され、合格された方は健康マスターとして、団体内外で広く活躍中です。
本検定では、原則50名以上の受験者を団体としてお申込みをされると、「団体受験企業」として受験料・テキスト代の割引、自社手配の会場や独自日程での受験実施などの特典が受けられます。
この特典を活かし、貴団体でもぜひ、団体受験をご検討されてはいかがでしょうか。
こちらから詳細資料をダウンロードできます。(Adobe PDFファイル 2.5MB)

団体受験企業一覧

(第1回〜第3回試験 50音順)

アンファー株式会社
医療法人社団同友会
株式会社エム・アイ・シー
株式会社エムティーアイ
大阪トヨタ自動車株式会社
株式会社OSGコーポレーション
キャプラン株式会社
学校法人国際学園
株式会社サンケイリビング新聞社
住友生命保険相互会社
株式会社千代田ラフト
株式会社データホライゾン
TOKAIグループ
東京海上日動火災保険株式会社
日本放送協会
株式会社パソナ
株式会社ピー・アンド・エス
株式会社ファンケル
株式会社富士通エフサス
株式会社フレスタ
ベネフィット・ワン・グループ
株式会社メディパルホールディングス
株式会社ローソン
ロート製薬株式会社
 

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル