日本健康マスター検定の推進で健康経営を実現

ヤマト運輸株式会社

 

「健康経営」の取組みとして、ヤマト運輸はヤマトグループ健康保険組合と連携し、社員の健康増進とヘルスリテラシーの向上を推進しています。
その一貫として日本健康生活推進協会が運営する「日本健康マスター検定」の積極的な受験を社員に推奨しています。受験率向上のため社内の「福利厚生サイト」にて本検定を案内し、「合格者」には健康保険組合が行う「ポイントインセンティブプログラム」から「クロネコ健康ポイント」をプレゼントしています。

 

 

またヤマト運輸本社は健康増進の周知活動の一環として、安全衛生委員会で健康検定テキストの内容を参加者全員で共有し、健康に関する意識向上に努めています。
「健康マスター検定」のテキストは分かりやすく、自身の健康維持にも非常に役立つと好評です。 以上の取組みを通じ社員のヘルスリテラシーを向上させ、「健康経営」を進めています。

 

 

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル