若さを保つ上手な食べ方と生活習慣を学ぶ「百歳未病の会」

健康情報が氾濫する中、健康情報を正しく理解して生活の中に取り入れ、元気で動ける100歳を目指す事を目的に「百寿未病の会」を立ち上げました。

外出してコミュニケーションをとり、脳活や筋活で老化抑制

高齢者になると一人では何をするのも面倒で長続きしなくなり、外へ出るのも面倒になってきます。せめて月に一度でも外に出て、同じような環境の方とコミュニケーションをとり、自宅でも簡単にできる脳活や筋活で身体の老化を抑制し、食生活、生活習慣の改善で健康を推進するための知識を持ち帰っていただきたいと考えました。またメインの講話もその筋の専門家だけでなく、参加者が他で学んできたことや、自分が健康のために行っている事について、講師になる事で、考えて人に伝えるという行為の中で脳活をしていただくようにしています。

<会の趣旨>

  • 寝たきり予防・認知症予防・転倒予防・生活不活発病予防を生活の中に習慣づけたい。
  • 日本は世界一の長寿国、百歳まで元気で人生を愉しめる時代!健康寿命の延伸。
  • 私たちも情報の波に合せ、みんなで一緒に楽しく学習をする。
  • 体丸ごと元気で若々しい人生を! 生き生きと前向きに、100歳を目指す。
  • いつまでも美味しいものを食べて、楽しくおしゃべり、たくさん笑う、
  • 毎日新しく、より健康になる情報や話題を、テレビや新聞・雑誌・井戸端会議で取り入れる。
  • 家から飛び出して、感激・感動する機会を増やす。

<プログラム内容>

認知症の予防 みんなで鍛えよう、若々しい脳
  自分の脳は自分の努力で活性化出来る、数の遊び、俳句、四文字熟語、クイズ、英語の歌

ホットな話題(食生活編)
  若さを保つ上手な食べ方
  
流行りの食品や話題の正しい情報
  
簡単で体に良くて美味しい手抜き料理の工夫
  
人々が求めるものと専門職が勧めるものとのギャップをエビデンスに基づいて解説
 
繰り返しテレビで宣伝される健康食品で健康を害した人もいる、間違ったダイエットなど

若々しい体作り
  家庭で出来る歌と体操(ロコモ予防)
  
口や眼の運動・指先の運動(折り紙等)など体全体を動かす。

体に良いお菓子を選ぶ(食材の効用・料理・活用法の解説)などを学習する

・食生活は、生きるための栄養を取りそろえる工夫(3食ともバランス良く)

認知症予防棒でお猿の駕籠屋体操

 

高齢期の食事のとり方と生活を考えて改善しましょう

・中高年時代 好きなものだけ食べて肥満→足腰に負担 腰痛・膝痛

・後期高齢者 好きなものだけしか食べない食事量減→低栄養になる。
  免疫力や消化吸収機能も低下するので、少量多種で、しっかり食べたい

◎笑いのある生活・感激・感動しよう

◎「美しい」「楽しい」「面白い」を増やそう

◎おしゃれをする・美味しいものを食べよう

・生活不活発病(予備軍になる前に)
 外へ出て歩かない、家から動かない、体が動かなくなる、1日誰とも話さない→うつ?
 半年で家の中しか歩けない、立ち上がれない、足が上がらない、靴下がはけない
 物忘れがひどくなる・何をするのも面倒になるのです。

今!36%の高齢者が生活不活発病と言われており、使わない部分は動かなくなってきます。
見ざる聞かざる言わざるは、認知症への第一歩!
生活不活発病の予備軍になる前に外へ出て歩こう!人と話をしよう!
一人では精神的にも食欲もなくなります、不規則・偏食。
今なら間に合う! 生活が不自由になってからでは遅いのです、低栄養から認知症などの危険性が!
気付いた今、生活を変える時です 活発に動きだそう
自分の健康は自分から動かないと得られないのです。

軽度認知障害(MCI)の予防と回復
 「正常な脳の老化」-軽度認知障害 ➡軽度の認知症➡認知症
 年相応の物忘れ記憶力の低下・・(食習慣・運動・頭の使い方で認知症の予防が出来る)

脳の老化+脳の病気(認知機能が年のせい以上に老化)
自分の認知機能をチェックする、何でも記録する・簡単な日記をつける、新しい事に興味を持つ。
食事は、栄養バランスよく食べて記録をつける(同じ食べ物ばかり重ならないように気を付ける)

<会の今後について>

高齢者の問題点として、連れ合いに先立たれ話す相手や友達がいない、趣味も無く行くところや目的が無い、何をすると良いか分からないなど、悩んでいる方も多いと考えられます。
会では一度出席された方の知人や近所の引きこもりがちな方に声かけをしてもらい、会に出てきていただくことで、元気な高齢者が一人でも増えることを期待しております。

【健検公式テキストp150~】

 

野々村 瑞穂(ののむら みずほ)

(株)日本食生活指導センター 会長 学校給食、病院給食勤務後に食生活コンサルタント開業。
辻学園栄養専門学校教育課程編成委員、日本栄養士会・大阪栄養士会名誉会員、

厚生大臣表彰(栄養改善事業の発展向上)、国際栄誉賞「コマンドール・クロス勲章」受賞他、著書も多い。
大阪府在住 82歳。

 


▶ メールマガジンへのご登録はこちら

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル